ファンケルのママルラの購入はこちら



ファンケルから、妊娠前から授乳期まで不足しがちな「葉酸」・「鉄」に加え、ビタミン、ミネラル、乳酸菌を摂取できるサプリ「Mama Lula(ママルラ)」が新たに発売されました。
妊娠初期は赤ちゃんが脳やせき髄のもとになる神経管というものが形成される時期です。
そのため、細胞分裂が活発で、DNAの合成に必要な葉酸をたくさん摂取する必要があるのです。
この記事では、なぜ葉酸サプリが必要なのか、ファンケルのママルラがいい理由などをわかりやすくまとめました。




葉酸と鉄が不足しがちな日本女性

妊娠初期はたくさんの葉酸が必要になります。
また、妊娠中は赤ちゃんのための血液を作らなけらばならないため、鉄も通常時の2倍以上必要になります。
普通の食事をしていれば、葉酸が不足する心配はないのですが、妊婦さんはそうはいきません。
更に現在の日本女性はただでさえ葉酸・鉄が足りていないという調査結果もあるため、
積極的に葉酸を摂る必要があるのです。

妊婦さんが一日に必要な葉酸の推奨摂取量は480?(マイクログラム)、鉄は21.5mg(ミリグラムと言われており、
この量を葉酸を食事だけで補おうとすると、

  • ・枝豆だけなら約93さや
  • ・アボカドだけなら約3個


同じく鉄の場合は
  • ・牛もも肉なら約11枚
  • ・納豆なら約16パック

も必要になってしまいます。

それに、必要な栄養素は葉酸・鉄だけではありません。
よく、「栄養のバランスを考えて食事を取ろう」
と言われますが、栄養のバランスが悪いだけで、身体や精神の働きが崩れてしまいます。

葉酸が不足しているとどうなる?

  • @お母さんへの影響
  • A赤ちゃんへの影響

@葉酸不足が続くと、貧血症状(疲労、息切れ、めまいなど)が出たり、精神的にも不安的になったりします。
A赤ちゃんに脊髄または脳の先天異常がみられることがあります。

葉酸サプリを摂る必要ってあるの?

そもそもなぜ葉酸を摂る必要があるのでしょうか?
昔はそんなこと聞かなかったような?
と思う方が多いはずです。
それもそのはず、葉酸の摂取が推奨されるようになったのは、2000年12月からです。
葉酸の摂取が推奨されるようになった背景として第一に晩婚化があげられます。出産年齢が高くなることにより、以前よりも妊娠時の流産や出産リスクが高い傾向にあります。
妊娠期の葉酸摂取については国や学会でも推奨されています。

葉酸

通常の適正な食事摂取時に100μg/日のプテロイルモノグルタミン酸を補足すると妊婦の赤血球の葉酸レベルを適正量に維持することができたというデータ18,19)の値を用いて、設定した。 妊娠可能な女性への注意事項としては、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のために、付加的に400μg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれるとした。


引用厚生労働省のPDFより



今では初産が30歳を超えることも珍しくはありませんが、かつては高齢出産とされていました。
第二に食生活の変化があげられます。かつてと比べると魚離れが進んでおり、それに伴い必要な栄養素不足の方が増えてきています。

葉酸をサプリで摂る必要があるの?

妊娠前〜授乳期まで葉酸がたくさん必要になるわけですが、本当にサプリで摂らなければいけないのでしょうか?
サプリで葉酸を摂取しなけらばならない理由が2つありますので、説明していきます。

@まず、すでに述べているように食事では摂取が難しいため。


葉酸は明確にはビタミンの一種でビタミンB群に分類されます。
ビタミンMやビタミンB9とも呼ばれます。
食品に含まれている葉酸は水溶性のため、熱や光に弱く身体に吸収される前の段階で壊れてしまうことが多いです。
食品や調理方法にもよりますが、吸収率は50%程度です。
食事だけで葉酸を摂ろうとするとかなりの量が必要になってしまいます。

Aサプリメントのほうが吸収率がいい


@のような天然に含まれる葉酸をポリグルタミン酸型葉酸というのに対して、
サプリメントに含まれているモノグルタミン酸型葉酸85%という高い吸収率なので、効率よく葉酸の摂取ができます

天然の食べ物から摂取しないと効果が無いのでは?
と思うかもしれませんが、ポリグルタミン酸が吸収される際に
体内でモノグルタミン酸に変換されるので問題はありません。

葉酸サプリはいつからいつまで摂ればいいの?

妊婦さんに葉酸サプリが必要な理由はわかったがいつから摂ればいいの?
という疑問にお答えします。

結論から申し上げますと妊娠前から、卒乳までになります。
妊娠前から摂ったほうがいい理由は、
摂取後すぐに血中濃度を満たせるわけではないからです。
一般的に妊娠に気づくのは早くて6週目、普通だと7〜8週目位が多いでしょう。
葉酸が特に必要な時期は妊娠4〜5週目ごろなので、妊娠に気づいてから葉酸を摂取していては遅い…ということになります。赤ちゃんが障害に罹るリスクを下げるためにも、妊娠を計画している時点で葉酸を摂取し始めるのが理想です。
授乳期にも葉酸の摂取が必要な理由は、母乳の材料である血液を作るのを助ける働きが葉酸にあるからです。また、出産によってダメージを受けたお母さんの回復を助ける効果もあります。
健康的な赤ちゃんを育てるためにも卒乳までは葉酸を摂取したいですね。

ファンケルのママルラが葉酸サプリでおすすめな理由

個人的にママルラがおすすめな理由を3つご紹介します。

@葉酸だけではない必要な栄養素をバランスよく補給できる


葉酸と深いかかわりを持つ栄養素として
  • 亜鉛
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC

などがあげられます。ママルラではこれらの栄養素も同時に摂取できます。



Aいつでも解約、変更可能


回数の縛りがないため、購入のハードルが低いです。
お体に合わない、効果が実感できないと感じた場合も簡単に解約できます

B品質・安全性へのこだわりがすごい


徹底した品質管理で厳しい基準、多くの検査を潜り抜けているので安心して摂取できます。

私が感じるママルラのデメリット3つ

@摂取しすぎる可能性がある


サプリメントのための飲む本人が管理しないといくらでも飲むことができてしまいます。
ママルラの一日の摂取目安量は4粒です。
多く摂りすぎても効果が増幅するわけではないので、
摂りすぎは控えましょう。

→葉酸は摂取しすぎても体外に排出されやすいですが、
適切な量を摂取することで、いい働きが期待できます。

A乳酸菌はそこまで期待できない


ママルラにはヒト由来乳酸菌が1億個、
植物性乳酸菌が1億個含まれていますが、
あくまで葉酸サプリなので乳酸菌サプリに比べると乳酸菌の量も種類も少ないです。
妊婦さんに必要なものだけを凝縮したサプリなので乳酸菌にあまり期待しないほうがいいでしょう。

Bママルラを飲むだけでいいわけではない


ママルラはお薬ではなく、食事を補助するサプリメントです。
ママルラを飲んでいるから食事は適当でいいというわけではありません。
バランスのいい食事を心がけましょう。

ファンケルのママルラで健康な身体で健康な赤ちゃんを

ママルラはファンケルが妊婦さんに必要な栄養素を考え抜いて作られた要素サプリです。
そのため、妊婦さんが絶対に摂りたいが、不足しがちな栄養素をぎゅっと凝縮しています。
何を飲むか困ったらママルラを飲んでおけば間違いないでしょう。
もし満足いかなかったとしても、いつでも解約できるためリスクは低いですし、
安全性にも気を配っているためいらない心配をする必要もありません。
ファンケルのママルラで不足しがちな葉酸・鉄をしっかり摂り、元気な赤ちゃんを産みませんか?





会社概要

会社名

株式会社ファンケル

(FANCL CORPORATION)

所在地

〒231-8528 横浜市中区山下町89-1

電話番号

045-226-1200

代表者

代表取締役 社長執行役員 CEO 島田 和幸

設立年月日

1981年8月18日

研究所

総合研究所(横浜市戸塚区)

 

サイトマップ